環境・エネルギー材料に向けたヘテロ構造を有する遷移金属系ナノ空間材料の 汎用的合成法

黒田 義之
(早稲田大学 高等研究所 助教)

2016年12月2日金曜日

学会発表

11/18~21、12/1、2と、それぞれ学会に参加しました。
国際科学技術財団の助成を受けて行った研究の成果を発表してきました。

11/18~21
The 3rd Asian Clay Conferenceという学会で、中国の広州に行ってきました。
この学会は、粘土鉱物に関連する化学者、鉱物学者、地球科学者などがあつまる学際的な学会です。私が当財団の研究助成にて行っている研究は、機能性新材料を合成する研究ですが、その化学構造は粘土鉱物とよく似た構造を取っています。
ですので、粘土材料について研究している研究者の方々にも割と興味を持って頂けたと思います。

12/1、2は東京にて第32回ゼオライト研究発表会に参加してきました。
この学会は、ゼオライトという石油化学の触媒などで利用されている物質に関する学会です。
今回は、総合講演ということで、これまでの研究成果をほぼ全てまとめて発表しました。
あとは、この成果を学術論文に投稿し、研究のまとめにかかっていきたいところです。


0 件のコメント:

コメントを投稿